0

車売るなら安全運転

もし車を将来売る予定にしているなら、安全運転がいいです。

なぜなら、査定には、エンジンの調子が大きくかかわるからです。

無理して、200キロとかで飛ばしていると、エンジンにも負担が大きいです。

200キロはなくても120キロくらいはありますよね。
軽自動車でコレくらい飛ばすと、エンジンから火を吹きそうになります。

まあ、120キロももちろんだしてはいけないですが、スピードが上がりすぎると、エンジンの負担も大きくなります。

すると売る時には、エンジンの調子が良くないなんてことになってしまいます。

だからこそ、安全運転が大切なのです。

そして、エンジンが無茶をしているなっと確認する方法もあります。

それは、燃費ですね。
燃費が悪くなると、エンジンが頑張っている証拠です。

その時は、速度を落としましょう。
特に軽自動車は、70キロくらいから燃費が落ちます。

80キロと100キロでえらい燃費の違いがあります。
これがエンジンが無茶している証拠です。

コンパクトカーならも少し増しです。
ミニバンとかだと、排気量が高いので、スピードをある程度だしても燃費がいいです。

しかし、1500ccくらいで車体が重い車は、車体が重い分加速も鈍く、エンジンにも負担になります。

痩せている人より太っている人の方が、大量に汗をかくみたいにです。

安全運転することが車を将来高く売るコツです。

そして、車もまったく乗らないより、ある程度乗るほうが高く売れます。

なぜなら、ある程度乗る車はメンテが行き届いているからです。

10年乗っていて3万キロくらいの車もあります。
しかし、これは高値では売れません。

古いので、その分価値がさがります。
メンテもしないので、交換部品も多いからです。

しかし、7年で5万キロ程度なら、かなり価値のある車です。
7年あたりが部品がいろいろと交換になる時期です。
乗っているので、メンテナンスが行き届いている。
これだと、高くうれます。

また、車は、1年1万キロがが定番です。
人により乗り方が違うのでなんともいえませんが。

なので、これより少々すくない走行距離の方が高く売れます。

やはり、年式が浅く、走行距離も短い車は高く売れます。
重要なのは、年式です。これが古いと車の買取価格が下がります。

次に走行距離です。

年式は、自分で調整はできません。だから、走行距離の調整が必要です。

走行距離の有無も大きいですので、乗らなすぎはダメですが、乗りすぎも抑えたいところです。

話を元に戻しまして、このようなことから、車高く売るには、日ごろからのメンテナンス、安全運転が必要です。

愛車に愛を与えれば、それだけ高く売れるということです。

愛車に愛を与えてくださいね。

0

車を売るタイミング

車を売るのもタイミングがあります。

へんなときに車を売ると査定額がつきません。
へんなときと言うのは、古い車ですね。

もし、車を売るつもりで乗っているなら、7年や7万キロまでに売るのがいいです。

遅くても10年になる前か10万キロになる前です。

これ以上にあるとほとんど価値がありません。特に本体価格の安い軽自動車やコンパクトカーでは、ほとんど価値がなくなってしまいます。

だから、遅くとも10年、もしくは10万キロ以下で売るのがいいでしょう。

ミニバンになると、もう少し古くても大丈夫です。
また、タフな車は、13万キロでも売れます。

車種により大きな違いがあるんので、注意が必要です。

とにかく車を売るなら早めですね。

また、時期も大切です。

繁忙期にちょっと前に売るのが得策です。

繁忙期とは、4月やボーナスの時期です。
この時期は、車を求める人が多くなります。
だから、車屋もせっせと車を集めて、品揃えをよくしたい時期です。

なので、少々高くなっても、車を買取ろうとします。
だから、車屋が車が欲しい時期に売るのが一番いいです。
この時期も大切ですので、気にしてください。
急に売ることになったら別ですが、将来売ると決めているなら、時期も大切です。

ちゃんと時期走行距離、年式を見てうまいタイミングで車を売りましょう。

他にもタイミングではないですが、軽自動車なら、軽自動車が得意な業者に売る。ミニバンなら、ミニバンの得意な業者に売ると高く買ってくれます。

軽自動車中心の品揃えとか、ミニバン中心の品揃えとか、いろんな車を置いているとか、業者により特徴が違います。

だから、その判断も大切になります。

ここが一番のみそだったりします。

車を売るにはタイミングももちろんですが、業者選びにも注意が必要です。

うまくして車を高値で売ってください。

0

買取業者に騙されるな

買取業者は往々にして騙してきます。
騙しているというか営業ですね。

中には、ひどい業者も。

買取したいあなたのために、ひどい業者に車を売らない方法をお伝えします。

たとえば、ネットの一括査定に申し込んだとき。

しつこく電話してくる業者は、注意が必要です。
しつこい業者は、ブラックです。安く車を買うつもりです。

そして、そういう業者に限って、口がうまいです。
しつこい業者は無視しましょう。

次に、対応が横柄な業者。

これも注意しましょう。
たとえば、電話の対応。それだけで、会社のレベルがわかってしまいます。

対応な横柄な業者も注意ですね。

次に査定しに来てもらったときです。

ここが一番肝心です。口ぐるまにのせられて、損する可能性があります。

たとえば、こんな業者です。

今日、この場で売ることを決めてくれたら、3万円高く買います。

ほかの業者よりかなり高く見積もりをしています。

こんなの口ぐるまの典型ですね。

価格に自信がないから、他の業者の査定額を見せたくない。だから、ちょっと上乗せして、その場で契約を成立させようとします。

これにのってはいけません。
絶対安い査定をしています。

こういう業者は、査定の連絡も一番早く、来るのも早いでしょうね。

ほかの査定額を見られたくないからです。

あとは、ネットの査定を夜したのに、すぐに査定額の返答があったときです。電話で。

よる10時くらいに送信して、すぐかかってくる業者はブラックです。

まず、10時まで人を働らかせています。
10時でも、平気で電話してくるんですからね。

10時ならまだいいですが、11時ごろだと、寝ている人もいます。そんな時間にかけてくるのは、以上ですね。

こういったところでも、業者の質がわかります。

まずは、査定してみて、その場では絶対契約しないことですね。

全部査定が終わってから、高値をところに連絡するのがいいです。

あとは、何社か査定に来てもらって、最後の業者に、一番高値だった業者の値段を提示して交渉するともっと高く売れるかもしれません。

業者がうまく言って、即日に契約を申し込んできても、ちゃんと待ちましょう。

しつこい業者は追い返しましょう。
それがブラック業者根絶の第一歩です。

ちゃんと全社査定をすべて終わらせればあなたの勝ちです。

うまく査定業者を使って、より高い価格で車を売ってあげてください。

0

車種の選び方

車を買う時、いろいろ迷いますよね。その時に一番迷うのが車種の選び方ではないでしょうか?

買取する人は、次車を買う人も多いので、
ここでは、車種の選び方について紹介します。

まず車種を選ぶにあたって、予算や使用の仕方があります。

予算は大体決めていると思います。

次に使用の仕方ですが、要は、町乗り、遠出、両方かどうかと言うことです。

町乗り専門であれば、軽自動車やコンパクトカーなどの安いくて、燃費の良い車がいいですよね。

ただ、レジャーなど休みの日の利用が多いのであれば、ミニバンなど大きめのサイズの車を利用したいですよね。

キャンプとかスキースノーボードなどは、荷物がいっぱいです。
そんな時を中心に使うなら、ミニバンなどの大きめの車が理想です。

大人数で旅行に行くことが多い時にもミニバンですよね。

このように使用の仕方で、車の選び方が違います。

これで、どのタイプの車に乗るか絞れました。
では、もっと絞るこむために車種の選択です。

車種を決める際には、デザイン、機能の良さに注目するするといいです。

また、お気に入りのメーカーがあれば、メーカーで選ぶのももちろんありです。

デザインは誰もが気にするところですよね。
室内空間がどうなのかも気にしますよね。

機能は、燃費が気になります。

この3つで決めるとさらに、車種が絞り込めます。

あとは、あなた自身が絶対に欲しい機能ですね。

たとえば、車の後ろにカメラがある。
ブレーキアシストシステムは欲しいなどです。

あなた自身のこだわりがある部分がある車は、気に入る可能性が高いので、そこは、重要視しましましょう。

これにより欲しい車種はほぼ絞り込まれます。

このようなやり方で車種を決めると、スムーズに車を選ぶことができます。

車を買うときには、ちゃんとやってくださいね。

0

車を売る前には匂いも取って

車を売る時には、どうしても外ズラばかり気にしてしまいます。
しかし、外ズラばかりでなく、車内も査定のポイントになります。

灰皿が汚くて、匂いも充満していたら、査定に響きます。
誰が、たばこ臭い車を買うでしょうか?

できれば買いたくないですよね。だから、匂いも査定に入ります。

たばこの匂いだけでなく、車は臭くなりやすいです。なんか変な匂いがすることもあります。
それもちゃんと取っておきましょう。

車屋に行けば、匂いの清掃もしてくれます。

ついでに、シートも汚れていれば、キレイにすればいいでしょう。
おそらく500円とか1000円でやってくれます。

傷を治すには、何万円ものお金がかかりますが、シートや匂いは、簡単に安くキレイにできます。だからこそ、ちゃんとキレイにして、査定に挑むといいでしょう。

室内が汚い、臭いだけで査定額が落ちてしまったら、もったいないですもんね。
だからこそ、ちゃんとしたいところです。

車が高く売るには、そのへんのこともすることが必要です。
キレイに大切に使われていた車は、高い金額で売れます。逆に、雑に取り扱われていた車は安くなります。

それも、信じられないくらい安い価格になります。
業者による査定額の違いはあるけど、キレイに使われているかどうかでかなりの価格差が生まれます。

買取価格が載っているサイトを見ても、同じような車でも、値段差が明らかにあります。
これは、キレイに使っているのか、使っているのかの違いであることも考えられます。

だからこそ、キレイに使って、車内もキレイにすれば、うれしい高値で売れることになります。
ぜひぜひ、キレイに使って、すごく高い高値で売ってくださいね。
すべてあなたが得するためのです。

0

車を売る前に洗車も必要!

車を売ることを決めたら、一括査定サイトに登録して複数の業者から査定を取るのですが、その前に決して忘れてはいけないことがあります。

それは「洗車」。

もちろん、車がキレイに洗車されていたからといって、査定でプラスになる…ということはありません。では、なぜ洗車する必要があるのでしょうか。

「第一印象は2分で決まって、その後はもう変わらない」という言葉があります。
車の買取査定でも同じです。大切に乗ってきた車であっても、洗車がされておらず、小汚い印象を与えてしまうと、査定士の心理に影響を及ぼします。

また、キレイに洗車することによって、査定士に「車を大切にしているオーナーである」ということをアピールすることができます。
この人は車を大切に乗ってきているな、という印象を与えることができればしめたものです。
目立たない小さなキズ、へこみなどをあら捜ししてマイナスしようなどという心理が働くのを防ぐことができ、査定額を減額されるリスクを減らすことができるのです。

とはいえ、難しく考える必要はありません。普段やっている車の清掃よりも少しだけ丁寧に清掃を行えばいいのです。
後編では、査定前の洗車で気をつけるべき具体的なポイントについてお伝えします。

愛車の査定額を少しでも引き上げるためには、査定前の洗車は必須です。そこで今回は、どんなポイントに注意して清掃を行えばいいかについてお伝えします。

まず最低限行うべきなのが、ボディ洗浄とワックスがけです(ボディにコーティングを施している場合には、ワックスがけは必要ありません)。
機械式洗車を利用する場合には、どうしても汚れが落ちにくい部分が出てきます。その分、しっかりと拭き取りを行う必要があります。

また、査定の際に査定士が必ずチェックするのがタイヤ周りです。タイヤのワックスがけまで行う必要はありませんが、タイヤ周りに泥や砂がこびりついていたり、ホイルが鉄粉(ブレーキダスト)まみれだと印象がよくありません。
最低限キレイに拭き取るようにしましょう。

車内についても、ほこりや食べかす、髪の毛などが残らないよう、掃除機をかけておくとよいでしょう。
車のシートの汚れは査定額に影響しますので、クリーナーなどを使ってキレイに拭き取ります。

いかがでしょうか。ポイントは、「自分の車を商品だと思って洗車する」ことです。最高の査定額を手に入れるためには、少しの手間ひまを惜しまないことがとても大切なのです。

0

車の無料査定に申し込む際の下準備

ビジネス書などを読むと、よく「事前の段取り・下準備が仕事の質の8割を決める」などと言われています。車の無料査定についても同じことが言えます。

そこで今回は、インターネットで車の無料査定に申し込む前にしておくべき最低限の下準備「データ収集」についてご説明します。

愛車を査定に出す際の下準備として、「データ収集」は欠かせません。自分が売りに出そうとしている愛車のデータを集め、整理しておきましょう。

一般論として、商品を売る営業の人が、自社の商品について詳しくなかったら、売ることはできませんよね。

たとえば家電量販店に行ってパソコンを買うとき、担当の店員さんがまったくパソコンについての知識・データを持っていなかったら、高いお金を出してその人からパソコンを買おうと思えるでしょうか。
普段は消費者の立場なのであまり意識しない部分ですが、車の買取査定においては、車という商品を買ってもらう「売る側」の立場になります。
そこで、売ろうとしている車についての最低限のデータは、普段車にあまり関心のない人も、押さえておくようにしましょう。

それでは、自分の車を売るときには、どんなデータを集めておけばいいのでしょうか。
最低限、以下のような項目について、自分でメモを作っておくとよいでしょう。

・メーカー名
・車種名…ここでは、グレードもおさえておく必要があります。
・年式…今現在、購入して何年何か月経っているかも重要なポイントです。
・走行距離…平均年間走行距離も算出しておきましょう。
・目立つ傷の有無
・車検日
・特別装備
・アピールポイント

最後のアピールポイントについては、なるべくたくさん考えておくようにしましょう。

これらの数字やデータについては、事前に調べておかないと、交渉時にしどろもどろになってしまいます。
そうなると、精神的に相手優位の交渉となり、主導権を相手に握られてしまうため、なめられる可能性があります。

初対面の相手との交渉においては、自分が優位に立ち、主導権を握ることが成功のカギとなります。
車についての基本的な情報は事前にまとめておくことで、相手に「この人はできるな」と思わせることができますし、少なくとも自分の本気度を伝えることができます。査定の下準備として、欠かせない段取りです。

0

中古車査定のやり方

中古車査定のやり方を知っていますか?

簡単です。

車を中古車屋に持っていけばいいだけです。
簡単でしょ。

そこで、査定に来ました。
って言ったらやってくれます。

一度オートバックスに言って、「今、査定しているんです。無料なんでよかったら」って査定してくれたことがあります。

私の車ボロかったんで、査定ゼロでしたけどね。

係りの人が申し訳なさそうに言ってきました。
わかってたんで、別にいいんですけどね。

話を戻します。

中古車査定は、中古車屋さんに持っていくとやってくれます。

ただし、ここで注意が必要です。
中古車屋さんに1件査定してもらって終わりではありません。

査定は、中古車屋によってぜんぜん違うので、査定額に数十万円の差がつくことがあるのです。

たとえば、アルファードなら50万円の査定額がついて満足していた。

そして、違う中古車屋で査定してもらったら、80万円だった。
という話もあります。

30万円の違いは大きいです。
なので、複数の中古車屋さんに査定してもらうことが必要です。

都会だと、そのへんに中古車屋さんがいっぱいあるので、簡単ですね。
しかし、地方の人だと、中古車屋さんが少ないです。査定してもらうのも大変です。

そこで、あるいい方法があります。

それは、次回以降の記事で紹介します。

今日は、車を査定するなら、中古車屋さんに持っていけばいいとだけ知っておいてくださいね。

車の査定は、中古車屋さんに行くとしてくれます。
ただ、1社だけだと、本当の車の価値がわからないので、複数の中古車屋さんに行くことが必要です。

それで、本当の愛車の価値を知ってください。
何十万円もの違いになる可能性もあるので、しっかり査定してもらってくださいね。

一番いいところにもちろん売ってくださいね。

0

トラブル防止!車を売るときのチェックポイント

愛車を買い取ってもらうときには、満足の行く価格で買い取ってもらえるようなひと手間〈複数の業者に見積もりを出す等)をかけることも大切ですが、後からトラブルにならないよう、先手を打って対策しておくことも大切です。

そこで今回は、後日のトラブルを防ぐための買取査定時のチェックポイントをご紹介します。

1つ目のチェックポイントは、「リサイクル料金」が査定額に含まれるかどうか、という点です。

平成17年に施行された「自動車リサイクル法」により、現在では「自動車リサイクル料金」を、車の所有者が前払いで支払う義務が課せられています。
この「自動車リサイクル料金」は、自動車1台につき1回のみ納付するものです。
そのため、新しい所有者が車を買い取る際には、「リサイクル券」(=リサイクル料金を支払った証明書)を一緒に買い取ることになります。

車の無料査定では、「リサイクル券」を買い取る費用が査定額に含まれているかどうかが、買取業者によって異なる場合があります。
この費用を含んだ金額を提示してくる場合が多いのですが、複数の買取業者の査定額を比較する際に条件を揃えないと判断を誤ってしまうことになります。

また、後日この費用が含まれるかどうかでトラブルになることを避けるためにも、査定額を教えてもらう際に「リサイクル料金は含まれますか」と確認するようにしましょう。

2つ目のチェックポイントは、「自動車税の残月分」が査定額に含まれるかどうか、という点です。

毎年春ごろに納付書が送られてくる「自動車税」ですが、このとき支払っている金額は、その年度(4月1日から翌年3月31日まで)の総額です。
そのため、年度の途中で自動車を売却する場合には、残りの月割分を受け取ることができます。

この自動車税の残月分についても、査定額に含まれているかどうかが買取業者によって異なるため、確認が必要です。

3つ目のチェックポイントは、後日「返金請求」が来ないか、という点です。

車の買取においては、売る側が販売者、買取業者が消費者という位置づけになります。
販売者には消費者保護法を順守する義務があるため、そこに付け込んで後日返金請求をしてくる悪質な買取業者も存在します。

後から理屈をつけて返金請求をされないためにも、「後日返金請求はありませんよね」と念を押しておきましょう。

いかがでしょうか。後日無用なトラブルに巻き込まれることのないよう、曖昧な点は査定時にしっかり確認しておくことが大切です。